Rosetta Stone 管理システムに関する FAQ - Rosetta Stone サポート for 学校
日本 (Japanese)
×

追加ヘルプ

>

Rosetta Stone 管理システムに関する FAQ

学習者に複数の言語を割り当てることはできますか?
各ライセンスでは、1 人の学習者に 1 つの言語が関連付けられています。学習者は複数の言語を学ぶことができますが、その場合ライセンスシートが 2 つ必要になります。 

学習者に対して、Rosetta Stone プログラムをどのように割り当てればよいですか?
学習者には、Rosetta Stone プログラムを最初 (レベル 1、ユニット 1、コア レッスン 1) から受講するよう推奨しています。学習者に言語のバックグラウンドがある場合には、まず復習アクティビティを完了させることをお勧めします。学習者が復習アクティビティで高得点を取れなくなったら、集中アクティビティにも取り組み始める必要があります。

管理者ログインに関するレポートを作成できますか?
現在のところ、管理者のログイン情報を示すレポートを作成する方法はありません。

学習者に割り当てられている言語を変更できますか?
学習者に割り当てられている言語は一度変更できます。言語を一度変更すると変更オプションは灰色になり、既に 1 回変更されていることが示されます。

学習者の言語を切り替えた場合、切り替える前の進捗は保存されますか?
切り替える前の言語の進捗は保存されません。このため、レポートを作成してそれまでの進捗をすべて記録してから、言語を切り替えることをお勧めします。

学習者のカリキュラムを切り替えた場合、切り替える前の進捗は保存されますか?
両方のカリキュラムでまったく同じアクティビティのみが保存されます。

スマート リストとカスタム リストの違いは何ですか?
スマート リストは、定義済みの条件で選択されたフィルタを使って、学習者のリストを作成します。情報をフィルタや条件で設定されたとおりに自動的に更新するため、最もよく利用されるリストの 1 つです。一方、カスタム リストは特定の学習者に特化したリストを作成でき、管理者が作成したリストをすべて手動で変更できます。

複数の学習者のアカウントを一度に変更するにはどうすればよいですか?
複数の学習者のアカウントを一度に変更するには、ここで説明されているバッチ処理を実行します。

自動レポートを予約するにはどうすればよいですか?
Rosetta Stone 管理システムで [レポート] タブをクリックし、[利用履歴レポート] で [予約] ボタンをクリックします。次に、[グループの変更] をクリックしてレポートを作成するグループを選択します。すべての利用履歴を出力する場合は、必ず構造内の最上位グループを選択してください。グループを選択したら、[適用] をクリックします。利用履歴がない学習者や、非アクティブな学習者を含めることもできます。レポートを受信する頻度、出力する利用履歴の分量 (全期間または前回のレポート以降)、レポートの提供形式を選択して、[予約] をクリックします。

管理者パスワードを変更するにはどうすればよいですか?
Rosetta Stone 管理システムを起動し、[管理者] タブで [管理] をクリックします。管理者のリストで編集が必要な管理者をダブルクリックして、管理者の詳細を右側に表示します。南京錠のアイコンをクリックしてパスワード フィールドを消去します。[パスワード] フィールドと [パスワードの確認] フィールドの両方に新しいパスワードを入力します。入力が完了したら、右下にある [変更の保存] ボタンをクリックします。

Rosetta Course は各州の基準とどのような関係にありますか?
各州における基準との関係性についての情報は、こちらのサイトをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?