学習者に案内メールが届いていない場合はどうなりますか? - Rosetta Stone サポート for 学校
日本 (Japanese)
×

追加ヘルプ

>

学習者に案内メールが届いていない場合はどうなりますか?

 

案内メールが届いていないという問題が発生している場合、たいていの場合それはセキュリティの問題です。ほとんどの組織では、メールを迷惑メール フォルダーに自動的にフィルター処理したりまったく受信しないようにしたりできる、強力なセキュリティ設定を有しています。この問題を解決するには、IT 部門と調整し、ディレクトリに engagement@rosettastone.com を追加して、学習者が問題なくメールを受信できるようにすることをお勧めします。案内メールが届かなければ学習者は何も知らずにいるため、案内メールを送信した後で学習者に確認することが重要です。アカウントを作成した後、学習者全員に、「Rosetta Stone プログラムの使用を開始するためのリンクが記載されたメールが全員に送信されます。メールが届かない場合はお知らせください。」といったグループ メールを送信することをお勧めします。これにより、学習者は常に情報を入手でき、質問がある場合は連絡を取ることができます。

  • 学習者に案内メールが届いていないかどうかを確認するにはどうすればよいですか?
  • 学習者への質問例
  • 学習者に案内メールが届いていないことを示すヒント
  • Administrator Tools で学習者のプロフィールを確認する方法
  • 案内メールを再送信しても、学習者に何も届いていない場合


学習者に案内メールが届いていないかどうかを確認する方法はありますか?

学習者がサインインできない原因が、案内メールが届いていないためか単にパスワードを忘れたためかを判断するのは、難しい場合があります。案内メールが届いていないことを示すのに役立つ一般的なやり取りを以下にいくつか記載します。

案内メールが届いていないことを学習者に確認するための質問例:

  • engagement@rosettastone.com からのメールは届きましたか?メール アカウントの検索機能を使って、メールを検索してください。

    • 学習者が検索してもメールを見つけられない場合は、メールが届いていない可能性があります。

  • 迷惑メール フォルダーは確認しましたか? 

    • 案内メールは、受信トレイではなく迷惑メール フォルダーに入っていることもあります。ただし、そこにない場合は、まったく届いていない可能性があります。
       

案内メールが届いていない可能性を示す学習者の発言例:

  • パスワードをリセットしようとしましたが、「ログインに失敗しました。メール アドレスまたはパスワードが正しくありません。」というエラー メッセージが表示されました。 

    • これは、学習者がメール アドレスを誤って入力したか、学習者がプロフィールを入力していないため (これが、学習者に案内メールが届いていないことを示しています) である可能性があります。

  • プログラムのログイン情報がまだ届いていません。パスワードがわかりません。

    • 学習者は、案内メールに記載されているリンクをクリックした後、パスワードを作成します。学習者が自分はパスワードを待っていると思っているような場合、案内メールはおそらく届いていません。 



学習者に案内メールが届いていないかどうかを判断する最も簡単な方法は、Administrator Tools で学習者のプロフィールを確認することです。

1. Administrator Tools を開いて、[Users](ユーザー) セクションをクリックします。
 

User-added image



2. リストで学習者を見つけて、[Profile Completed](プロフィール入力日) に日付があるかどうかを確認します。学習者のプロフィールが入力されている場合は、学習者はメールを受信済みで、アカウントを正常にアクティブ化できています。日付がない場合は、プロフィールがまだ入力されていないことを意味します。そのために学習者に案内メールが届いていない可能性があります。

 

User-added image
 


3. 学習者の名前を直接クリックして、学習者のプロフィールを開きます。
 
 

User-added image
 


4. 学習者がアカウントをアクティブ化していない場合は、下部に [Resend Welcome Email](ご案内メールの再送信) オプションが表示されます。このボタンをクリックすると、案内メールの再送信を試みることができます。

 

User-added image
 


案内メールを再送信しても、学習者に何も届いていない場合

案内メールを何回送信しても学習者が受信できない場合は、該当の学習者用に手動登録リンクを作成できます。このリンクは、案内メールで送信されるリンクと同じように機能し、これにより学習者がプロフィールを入力することができます。

1. Administrator Tools で対象の学習者のプロフィールを開きます。学習者のプロフィールをクリックすると、URL または Web アドレスが変わります。これは、学習者一人一人に、他のすべてのアカウントから学習者のアカウントを一意に識別する、一意の GUID またはランダムな一連の数字が割り当てられているためです。学習者の GUID はプロフィールの URL で確認できます。以下の例では、アカウントの一意の GUID は f5644efd-06ee-4df7-ba0c-24bad62c09b5 です。GUID を強調表示してコピーすることもできます。 
 

User-added image
 

学習者のプロフィールの URL は常に次の形式に従うことに注意してください: https://administratortools.rosettastone.com/#/people/edit/GUID/profile

2. 手動登録リンクを作成するには、この URL (https://login.rosettastone.com/#/register/) の末尾に GUID を貼り付けます。リンクの最初の部分は変更されないため、そのままにしておくことができます。末尾の GUID のみが変更されます。

上記の例では、アカウントの手動登録リンクは次のとおりです: https://login.rosettastone.com/#/register/f5644efd-06ee-4df7-ba0c-24bad62c09b5

3. 手動登録リンクを学習者に送信し、ブラウザーのシークレット ウィンドウまたはプライベート ウィンドウでリンクを開いてもらいます。Google Chrome の場合、シークレット ウィンドウを開くショートカットは「Ctrl + Shift + N」です。Internet Explorer および Firefox の場合、プライベート ウィンドウを開くショートカットは「Ctrl + Shift + P」です。ブラウザーで Web サイト用に保存された可能性のあるキャッシュ データを回避するには、これらのプライベート ウィンドウのいずれかでリンクを開くことが重要です。学習者が手動登録リンクをコピーして新しいウィンドウに貼り付けると、プロフィール入力画面が表示されます。学習者はこの画面でパスワードを作成し、他の重要なアカウント設定を決定します。この画面は、案内メールによって学習者に表示される画面とまったく同じものです。

 

User-added image
 


上記の方法は効果的な次善策ですが、学習者全員に使用することはお勧めしません。セキュリティ設定とメールへの影響について IT 部門とご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?