予約レポート機能 - Rosetta Stone サポート for 学校
日本
×

追加ヘルプ

>

予約レポート機能

 


Catalyst 管理者は予約レポート機能を使用し、 3 種類ある Catalyst レポートを自由に組み合わせて、日次、週次、月次でレポートの生成を予約したり、レポートの生成後に必要に応じてメール通知を受け取ることができます。
 

エクスポート:


1.[Reports] タブで [Export] をクリックして、[Export Now] オプションを表示します。
  
2.[Export Now] をクリックすると、レポートが自動的に生成されます。

3.[Export Later] をクリックすると [Schedule a Report] の ポップアップ (下記を参照) が表示されるので、そこでスケジュール オプションを選択します。
 

注: 特定のグループのレポートを予約する場合、 グループにフィルタを適用してから [Export] オプションを選択することもできます。
 

User-added image

 

レポートの予約:

1.一覧表示される 3 種類のレポート、[Usage]、[Placement Test Results]、および [Learner Growth] を自由に組み合わせて選択できます。
 

2.[Repeat:] の下のボックスをクリックしてドロップダウン メニューを表示し、予約レポートを実行する頻度を設定します。[Daily] を選択すると前日のレポート、[Weekly] を選択すると前週のレポート、[Monthly] を選択すると前月のレポートが作成されます。 
 

3.[Email me when the report has been exported] の隣のボックスにチェックを付けた場合、レポートが生成されると管理者に自動でメール通知が送信されます。 
 

4.レポート生成完了のメール通知を受信したら、管理者ツールからレポートをダウンロードして確認できます。
 

各レポートは、次のレポート期間の開始時にダウンロードできるように予約されます。具体的には次のとおりです。

  • [Daily] の場合、午前 0 時過ぎに提供されます。
  • [Weekly] の場合、日曜日の午前 0 時過ぎに提供されます。
  • [Monthly] の場合、毎月 1 日の午前 0 時過ぎに提供されます。

 

User-added image

レポートの管理:

1.管理者は、[Manage Reports] セクションにある [Scheduled for Export] タブをクリックして、予約されているレポートを確認できます。 
 

2.レポートの予約は変更できません。予約済みレポートのパラメータを変更する必要がある場合は、その予約済みレポートの行を削除して新たに予約を作成してください。
 

User-added image


 

この記事は役に立ちましたか?