Rosetta Stone サポート

サポート

学習履歴のバックアップ、復元手順(バージョン3)

ロゼッタストーンフォルダにある、「tracking.db3」ファイルにはお客様の学習履歴が保存されます。
コピーして別の場所に保存したり、指定のフォルダへ戻すことにより、学習履歴のコピーや復元を行う事が可能となっております。

各OSにおける学習履歴ファイル(tracking.db3)の保存場所(戻す場所)を下記にご案内いたします。

Windows XP

   1. [スタート]-[マイ コンピュータ]-[ローカルディスク(C:)]-[Documents and Settings]-[All Users]-※[Application Data]-[Rosetta Stone]の順に開きます。
       ※[Application Data]が表示されない場合は、以下の操作を行います。
          ・画面上の、[ツール]-[フォルダオプション]をクリックします。
          ・「フォルダオプション」画面が表示されます。左上の[表示]タブをクリックします。
          ・[詳細設定]の一覧から、[ファイルとフォルダの表示]の項目にあります[すべてのファイルとフォルダを表示する]をクリックして選択します。
          ・[OK]をクリックして[フォルダオプション]を閉じます。
   2.「tracking.db3」を右クリックし、[コピー]を左クリックします。
   3.デスクトップなどの分かり易い場所で右クリックし、[貼り付け]を左クリックします。
       コピーした「tracking.db3」が表示されたことを確認します。
       (他のコンピュータへ移す場合や、コンピュータを初期化する場合は、USBフラッシュメモリなどにコピーします)


Windows Vista or Windows 7

   1. [スタート]-[コンピュータ]-[ローカルディスク(C:)]-※[ProgramData]-[Rosetta Stone]の順に開きます。
      ※[ProgramData]が表示されない場合は、以下の操作を行います。
         ・左上のツールバーから、[整理]-[フォルダと検索のオプション]をクリックします。
         ・「フォルダオプション」画面が表示されます。左上の[表示]タブをクリックします。
         ・[詳細設定]の一覧から、[ファイルとフォルダの表示]の項目にあります[すべてのファイルとフォルダを表示する]をクリックして選択します
         ・[OK]をクリックして[フォルダオプション]を閉じます。
   2.「tracking.db3」を右クリックし、[コピー]を左クリックします。
   3.デスクトップなどの分かり易い場所で右クリックし、[貼り付け]を左クリックします。 
      コピーした「tracking.db3」が表示されたことを確認します。
       (他のコンピュータへ移す場合や、コンピュータを初期化する場合は、さらにUSBフラッシュメモリなどにコピーします)


Windows 8

   1. [スタートメニュー]を右クリックし、[すべてのアプリ]を開きます。
   2. [コンピューター]-[ローカルディスク(C:)]-※[ProgramData]-[Rosetta Stone]の順に開きます。
  ※[ProgramData]が表示されない場合は、以下の操作を行います。
 ・ウィンドウ上部のツールバーから、[表示]タブをクリック。
  ・[隠しファイル]にチェックします。

   3.「tracking.db3」を右クリックし、[コピー]を左クリックします。
   4.デスクトップなどの分かり易い場所で右クリックし、[貼り付け]を左クリックします。 
      コピーした「tracking.db3」が表示されたことを確認します。
       (他のコンピュータへ移す場合や、コンピュータを初期化する場合は、さらにUSBフラッシュメモリなどにコピーします)


Mac

   1. [Macintosh HD]-[Library]-[Application Support]-[Rosetta Stone]の順に開きます。
   2.「tracking.db3」をクリックして選択します。
     上の歯車の形をした[アクション]から、「"tracking.db3"をコピー」でクリックします。
   3.デスクトップなどの分かり易い場所を選択し、画面左上の「編集」から「項目をペースト」でクリックします。
      コピーした「tracking.db3」が表示されたことを確認します。
       (他のコンピュータへ移す場合や、コンピュータを初期化する場合は、さらにUSBフラッシュメモリなどにコピーします)




 

この記事は役に立ちましたか?

人気のあるトピック
先月来月