Rosetta Stone サポート

サポート

「2125 データベースは期限切れ」というエラーが発生し、ロゼッタストーンを起動できない

アプリケーションを起動した直後に「2125 データベースは期限切れです」のエラーが表示される場合、何らかの要因により、学習履歴のデータが記録されるファイルが正常に読み込めない状況となっている可能性があります。



下記の手順を実施していただくことで改善することを確認しております。

■コンピュータを再起動する
ご利用いただいているコンピュータを再起動してください。
再起動後、アプリケーションを起動しなおし、エラー表示の有無をご確認ください。

改善しない場合は、お手数ですが、数回コンピュータの再起動をお試しください。



■コンピュータの時刻設定を確認する
下記の手順にて、ご利用のコンピュータの時刻設定が、現在の時刻と相違がないかをご確認ください。

▼Windows7/Windows Vistaの場合

1)コンピュータのデスクトップ画面から、右下(タスクバー)に表示されている時刻をシングルクリックします。
 

2)カレンダーと時計の画像が表示されますので、年月日を含めた時刻設定が、現時刻と相違がないことを確認します。
もし相違がある場合は、画面下の[日付と時刻の設定の変更]をクリックします。
 
 ※カレンダーと時計の画像が表示されない場合は、下記の操作を行います。
  ・コンピュータの左下の[スタート](Windowsマーク)から[コントロールパネル]をクリックします。
・[コントロールパネル]画面から、[時計、言語、および地域]-[日付と時刻]の順でクリックします。


3)[日付と時刻]の画面が表示されましたら、[日付と時刻の変更]ボタンをクリックします。
4)[ユーザーアカウント制御]の画面が表示されましたら、[続行]ボタンをクリックします。
5)日付、時刻を修正した後、[OK]ボタンをクリックします。
 
 

▼WindowsXPの場合
1) コンピュータのデスクトップ画面から、右下(タスクバー)に表示されている時刻をダブルクリックします。
2)[日付と時刻のプロパティ] の画面にて、年月日を含めた時刻設定が、現時刻と相違がないことを確認します。
もし相違がある場合は、正しい年月日を選択し、時刻を修正します。
 
 ※[日付と時刻のプロパティ] の画面が表示されない場合は、以下の操作を行います。
 ・コンピュータの左下の[スタート]ボタンをクリックします。
 ・メニューから[コントロールパネル]をクリックします。
 ・[コントロールパネル]画面から、[日付、時刻、地域と言語のオプション]-[日付と時刻]の順でクリックします。
3)日付、時刻を修正した後、[適用]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックします。
 
 

▼Macの場合
1)コンピュータの画面右上に表示されています時刻をクリック、メニューから[日付と時刻を開く]をクリックします。
2)[日付と時刻]の画面にて、年月日を含めた時刻設定が、現時刻と相違がないことを確認します。
もし相違がある場合は、[日付と時刻を自動的に設定]のチェックを外します。
画面正しい年月日を選択し、時刻を修正します。
 
 ※[日付と時刻]の画面が表示されない場合は、以下の操作を行います。
 ・コンピュータの左上のアップルマークをクリックし、メニューから[システム環境設定]をクリックします。
 ・[システム環境設定]画面から、[日付と時刻]をクリックします。
3)日付、時刻を修正した後、[保存]ボタンをクリックし、左上の赤いボタン(×)をクリックし、画面を閉じます。

 

この記事は役に立ちましたか?

人気のあるトピック
先月来月