Rosetta Stone サポート

サポート

Rosetta Course(ロゼッタコース)

Rosetta Courseとは?

「話す・読む・聞く・書く」力の基礎を身につけます。

    ネイティブの発音の後にマイクに向かって発音したり、発音された単語や文章に合った写真を選びます。

         User-added image

    ユニット最後の「マイルストーン」では実際の会話のように写真が切り替わり、総復習をしていただきさらに自信をつけることができます。

         User-added image

    スピーチ解析機能をご利用いただきますと、ネイティブスピーカーの発音をさまざまな速度で復唱いただけます。

         スピーチ解析機能につきましては、以下のリンクをご参照ください。

               スピーチ解析機能について

         User-added image


トレーニング内容はご自身の目的に合わせて以下の4つのコースから選択可能です。

    初めてご利用いただく場合は、各言語毎に設定されている「推奨」のコースをお選びください。

      ・読解・ライティング・会話・リスニング
      ・読解・ライティング・会話・リスニング・拡張
      ・会話・リスニング
      ・読解・ライティング

         User-added image


各レベルのトレーニング内容

  レベル1…基本的な語彙や構文を学び、挨拶や紹介、簡単な質問や受け答え、さらにショッピングでのやりとり等の、
                 極めて基礎的な会話スキルを身につけます。

  レベル2…レベル1で身につけた基本的な語彙や構文を、身のまわりでの会話表現に活かします。
        道順を尋ねたり、時間について話したり、外食するなど、日常生活を楽しむために必要な基本会話を学びます。

  レベル3…レベル1とレベル2で培った、外国語の基礎と会話スキルをベースにして、コミュニケーション能力を磨きます。
                 自分の意見を言ったり、感情を表現したり、最近の出来事や仕事などについて自主的に発言し、
                 会話を楽しむことを学びます。

  レベル4…レベル1,2,3で培った会話スキルをベースにして、より幅広いコミュニケーション能力を磨きます。
                 仕事や健康について話したり、修理の手配や海外移住など、複雑な状況においても自信を持って、
                 意見を述べることができる対応能力を養います。

  レベル5…レベル1,2,3,4で身につけた会話スキルに磨きをかけ、
                様々な状況の中で、言語を自由に使いこなせるようにトレーニングします。
                娯楽や文化、時事問題などについて活発に議論を行うなど、
                より積極的にコミュニケーションを楽しむことができるようになります。





この記事は役に立ちましたか?

人気のあるトピック
先月来月